オーディオ

【レビュー】Incase AirPods Case with Woolenex:ファブリック素材のAirPodsケース

Incase AirPods Case with Woolenex

どうも、すけろく(@sukeblog314)です。

みんなはどんなAirPodsケースを使っているだろう。ケースは唯一個性を出せる部分なのでこだわっているという人は多いはず。

レザーやラバーなど様々な素材のケースがあるが、今回はファブリック素材を使用したAirPodsケースを紹介する。

今回僕が購入したのは「Incase AirPods Case with Woolenex」。

優れた摩擦抵抗と防水性を備えているWoolenexファブリックを採用していて、シンプルだが深みのあるデザインになっている。

本記事では「Incase AirPods Case with Woolenex」の特徴と使用感を紹介する。

温かみを感じるデザイン

packageこれが「Incase AirPods Case with Woolenex」のパッケージ。Apple公式サイト限定品で、シンプルなパッケージから既に期待が高まる。

僕が選んだカラーはコバルト。カラーはブラック・グレー・ピンク・コバルトの4色展開。最初はブラックを選ぶつもりだったが、コバルトが想像以上に渋くてイケてたのでそちらを購入した。

pacage2唯一の不安要素だった耐久性だが、内側がBayer Makrolonの射出成形された頑丈なポリカーボネート製シェルなので、ケースの強度に問題はなさそうだ。

また、ファブリック素材ということでもっと毛羽立っているかと思ったが、実物は程良く光沢があって上品だった。

早速ケースを装着したところ、フィット感が非常に高くズレを感じない。デザインに無駄がないので、AirPodsのスタイリッシュさを損なわない点がこのケースの魅力だ。

また、ケースをつけた状態でもLEDランプが確認できるので充電状況の把握が可能だ。

裏面にはIncaseのブランドロゴがさりげなく配置されている。このロゴはAirPodsのペアリングボタンと重なる位置にあるので、ここを押すと端末とのペアリングが可能。

底面のLightningポート部分は充電用に開放されている。ちなみにこのケースはwireless充電にも対応しているので、充電の度にケースを外す必要はない。

ファブリック好きのあなたに

AirPods Case with WoolenexIncase AirPods Case with Woolenex」は品質は高いが、機能性については他製品とそう変わるものではない。だがファブリックには、レザーやシリコンには無い特有の温かみがある。僕はそこが気に入っている。

AirPodsのシンプルさは素晴らしいが、同時に少々つまらないとも感じる。やはり、その人の個性が見えたほうが面白い。

AirPodsケースは必需品ではないが、好みのケースを付けることで個性をアピールできるアイテムだ。是非ともあなたの色を皆に見せつけてやって欲しい。

では、今回はこの辺で。

すけろく(@sukeblog314)でした。